増原裕子のプロフィール

 

引用:http://haluroute.com/
増原裕子(ますはら ひろこ)

生年月日  1977年12月27日

年齢  40歳(2018年6月現在)

出身地  神奈川県横浜市

出身校

慶應義塾女子高等学校

慶應義塾大学文学部

慶應義塾大学大学院フランス文学修士課程

職業     株式会社 トロワ・クルール代表取締役

肩書き      LGBTコンサルタント 

性的嗜好:同性愛

 
現在40歳の増原裕子さん!

年齢を感じさせない美しい女性ですね!

出身地は神奈川県横浜市で、高校からは慶應義塾女子高等学校で大学・大学院も慶應義塾となっています。

かなり秀才なお嬢さんの様ですね。

そんな増原さんですが、自身がLGBTであることを公式に発表しており、その活動の範疇として

株式会社『トロワ・クルール』を2013年に設立しました。

会社の理念として、

「私たちは、LGBTの人々が生きやすい社会をビジネスによって実現する新しい企業です。

今までになかったLGBTの情報発信、トラウマに関する情報発信、顔が見える支援を行い、

LGBTの人々もそうでない人も、虐待のサバイバーもそうでない人も、

属性に関わらず生き生きと輝ける社会の実現を目指します。

ビジネスを通して社会に存在する課題を解決し、既存の枠組みを超えてその存在責任を果たしていきます。
スタッフにはLGBTの当事者や、虐待のサバイバーがおり、顔が見えるサポートを行います。」

出典:株式会社トロワ・クルール
 

と謳っています。

素敵な活動ですね。

 

LGBTとは?

 
LGBTとは、それぞれの頭文字を合わせたものです。

L・・・レズビアン

G・・・ゲイ

B・・・バイセクシャル

T・・・トランスジェンダー
 
と、なっており「性別」・「心」と「見た目」が普通の方と違う人たちの総称です。

最近ではレインボーがLGBTのイメージカラーになっており、

世界中でそういった人たちへの偏見を無くして行こうという活動がされていますね。


引用:http://various-search.com/

増原さんの経営している会社「トロワ・クルール」もそういった活動の一つですね!

 

東小雪さんのプロフィールと悲しい過去

 

引用:http://koyuki-higashi.blog.jp/
東 小雪(ひがし こゆき)

生年月日:1985年2月1日

年齢:33歳

出身地:石川県金沢市

学歴:北陸学院中学校・高等学校→宝塚音楽学校

性的嗜好:同性愛
 
現在33歳の東小雪さん。

石川県の金沢県出身で、北陸学院中学校~高校を卒業後は宝塚音楽学校に入学します。

その後、2005年91期生にとして憧れの宝塚に華々しい入団を果たしました!

並々ならぬ努力の賜ですね!

しかし、そんな彼女に悲劇が襲います。

入団後、彼女は男役として花組に所属され、初舞台を晴れやかに終えました。

ですが、その次の公演で彼女は病気降板してしまうのです!

そしてそのまま復帰出来ないまま2006年5月退団してしまいました。

短い夢でした。

公式では病気という事になっていますが、

一部の情報によると宝塚内部でのいじめが原因と噂されています。

女性達の憧れであるべき宝塚ではあってはならない事で、

噂ながらに一抹の怒りを覚えますね。
 

 
そして東さんの過去の話ですが、昔父親に性被害を受けていた様です。


引用:https://nomad1973.com/

東さんが著書した本に赤裸々に書かれています。

それは、東さんが小学2年生の時の事です。

東さんは毎日お父さんとお風呂に入っていました。

その前は体を少しなぞる程度のものでしたが、

その日は起きては行けない事が起きてしまいました。

その日、東さんのお父さんは人として、父親として、超えては行けない一線を超えてしまったのです。

何を思って自分の娘と関係を持ったのかはわかりません、わかりたくもありません。

東さんはその父親と中学2年生まで一緒にお風呂に入っていました。

その邪悪な行いが終わりを告げたのは母親のこんな一言でした。

「初潮がきたからやめなさい」

これを見て筆者である私はひどい吐き気に襲われましたね。

母親のこの言葉の真の意味は、父親の娘への不貞の黙認が見て取れるからです。

ここの親は狂っています。
 

増原裕子の元妻・東小雪との結婚式

 
増原さんと東さん。

お二人とも同性愛者であることを公式に発表している者同士結婚も豪華絢爛なものでした!

なんと二人の結婚式はディズニーランドでとり行われました!

結婚式自体はかなりいい雰囲気の様ですね!

ちなみにこの結婚式ですが、最初はディズニー側から断られていた様です。

理由としては、『どちらかがタキシードを着用していないと原則として会場をお貸しできない

と、なんとも当てつけの様な理由でした。

ですがその後、抗議の末にディズニー側が条件を飲んでくれました

さらにディズニーで同性の挙式は増原さんと東さんが世界初の事で世間を賑わせました。

 
そして皆さん気になると思いますが我らが日本国では、同性での婚姻を容認する法律がありません。

ですが、この著名人ふたりの結婚を受け全国で「同性パートナー条例」が成立しました。


引用:https://pinky-media.jp/

そのパートナーシップ第1号がこのお二人だったんですね!

増原裕子の元妻・東小雪との離婚歴と理由

 
そんな世界中で注目されていた同性愛の夫婦ですが、

去年の2017年12月25日にパートナーシップを解消してしまいました。

自身のブログでこう語っています。
 

「時間の経過とともに、ふたりで様々な経験をし、試練を乗り越える中で、パートナーシップにも緩やかな変化がありました。

それぞれの活動や仕事が増えていく中で、時間のすれ違いが生じてきて、また価値観の違いから、ふうふとして見たい将来にも少しずつすれ違いが生じるようになりました。

その中でふたりの関係性に変化が生じ、現在、私たちはふうふとしてパートナーシップを継続することは難しいけれど、お互いを人生の中で得た大切な存在として、親友として、大切に思い、尊重しあえる関係でおります。

活動や仕事の場面ではこれまでと変わらず、支え合い、協力していきたいね、と話しています。
これからも良き相談相手として、自由と平等、多様性社会の実現を求める仲間として、お互いの人生に関わっていこうと思っています。」
 
との事です。

日本で初のパートナーシップである、

増原さんと東さんの離婚は非常に残念な事ですね。

同性愛者の方々の指針的な存在でしたので。

しかし、パートナーシップを解消した今でも、

増原さんはトロワ・クルールで取締役を続けていて、

東さんもその社員として活動自体は続けている様です。


引用:https://www.suishowin.co.jp/

 

増原裕子さん現在は勝間和代さんと同棲!?

 
そんな増原さんですが今は経済評論家の勝間和代さんと交際・同棲中であることが勝間さんのブログで明らかになりました!

「プライベートな報告です

今日、バズフィードで、私が女性とお付き合いさせていただいていることを公開しました

同性を好きになることはずっと悩んでいたことですし、

また、お付き合いが始まってからも、人にそのことを言えないことを悩んでいましたが、

その2つの事実を公開することで、私も楽になるし、

周りにも同じような悩みの人のヒントになる可能性があると思ったからです」

と、語っています。

さらに仲睦まじい姿もSNSなどで公開しています。

今後ともいい関係のままで行って欲しい物ですね!

 

まとめ

 
今回の記事は増原さんの東さんの関係、経済評論家の勝間さんとの関係を記事にさせていただきました。

増原さんと東さんは2012年にディズニーで結婚式を行いました。

同性愛者のディズニーでの結婚式は世界初の事です、さらに日本での同性愛者の結婚。

パートナーシップ第一号はこのお二人です!

ですが去年の2017年12月25日にパートナーを解消してしまいます。

その理由は「お互いの価値観の相違」だそうです。

そんな増原さんですが今年の5月に経済評論家の勝間さんと同棲している事を発表しました!

そこには仲睦まじい姿が写真に収められていてとてもいい雰囲気でした!

今後とも逆境に打ち負けずに自分を突き通して欲しい者ですね!
 
最後までご覧いただきありがとうございます!

いかがでしたでしょうか?

次回記事もよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です